海外キャッシングは繰り上げ返済でお得【セディナは必携】

海外での滞在、しかも留学などの中長期の滞在となると、大量の日本円を現金で持ち込み両替するより、現地でATMから現地通貨を換金できたほうが便利で安全ですよね。

 

 

現地通貨を入手する方法として、よく知られているのは「両替」ですが、実はもっとお得な方法な方法があります。

 

 

ご存知の方も多いとは思いますが、クレジットカードで「海外キャッシング」が一番お得です。

詳しい海外キャッシングの方法はこちらから

 

海外でキャッシングをフル活用して現金を引き出そう【必携クレカも】

 

 

そのままでも手数料がかなり安い海外キャッシングですが、「繰り上げ返済」という手法を使えば利息を最短3日分に抑えて0.147%という限りなく無料に近い手数料率を実現できます。

 

 

本記事では

 

・繰り上げ返済×海外キャッシングがどのくらいお得か

・具体的に繰り上げ返済をどうやるのか

・どのカードが繰り上げ返済に適しているのか

 

 

を解説していきます。

 

海外キャッシングは「繰り上げ返済」で本領を発揮

繰り上げ決済とはその名の通り、海外でキャッシングし引き出した現金分を、期を早めて返済してしまうことを指します。自動的に翌月に引き落とされるのを待つのではなく、数日で返済して返済までの日数が短くすることで、手数料にあたる利息を更に抑えることができます。

 

一般的な海外キャッシングの手数料

クレカのキャッシングの際に発生する利息は一般的に「年間で元金の18%」前後です。

 

これを日割りにすると18%÷365日=0.049%という計算で毎日0.049%の利息になり、

仮に1万円をおろした場合毎日4.9円、利用日から引き落とし日の期間に利息がつきます。

 

 

締め日が15日、引き落とし日が次月の10日の場合で考えてみます。前月16日~当月15日までに利用した分を次月の10日に支払うので、その期間はだいたい26~56日の幅になります。

 

5万円を海外キャッシングした場合、次月の引き落とし日に一括返済するのであれば、発生する利息の最安と最高は以下のようになります。

 

5万円×18%×(26日/365日)=約640円

 

上記のように、海外キャッシングの利用日がカードの締め日に近いと、その分発生する年利も抑えることができます。

 

 

逆に次月の引き落とし日までMAXに日数をとるのであれば、一番高い利息となり

 

5万円×18%×(56日/365日)=約1380円

 

 

海外キャッシングでは1.28~2.76%ほどの手数料(利息)がかかるのに対して、現地での両替ですと両替する店とタイミングにもよりますが、

 

・お得な街中の両替商:3%弱の手数料

・海外で使えるデビット機能付きのキャッシュカード:1.76%~3%の手数料

 

この時点で海外キャッシングでの換金はかなり手数料がお得なことがわかります。

 

 

繰り上げ返済するのが一番お得

ここまでで、ある程度、現地通貨を引き出すのになぜクレジットカードでのキャッシングがお得かをお伝えできたかと思いますが、前述の通り引き落とし日を待たずして繰り上げ返済すれば、その分さらに手数料(利息)を抑えることが可能になります

 

海外でキャッシングしてから3日で繰り上げ返済を行う場合発生する手数料は以下のようになります。(手数料は目安値です)

 

5万円×18%×(3日/365日)=約74円

 

海外キャッシングした金額の0.14%ほどの手数料しかかからないことがわかります。

(海外ATMでは別途ATM利用料がかかる場合もある)

 

 

クレジットカードでのキャッシングは、「借金をする」というイメージから抵抗のある方が多いです。しかし、実際には海外生活で一番お得な現地通貨の獲得方法なのです。

 

繰り上げ返済時に、現地からクレジットカード会社指定の口座に振込を行うケースが多いですが、「Pay-easy(ペイジー)」などのサービスを用いることで振込手数料を抑えることも可能です。

 

デビットカードや現地での両替より圧倒的にお得

 

有名な新生銀行の国際キャッシュカードの手数料(4%)は

5万円×4%=2000円 (海外キャッシングの手数料の約27倍)

 

ATM出金手数料が無料の、住信SBIネット銀行のデビットカードの事務手数料(2.5%)でさえ

5万円×2.5%=1250円 (海外キャッシングの手数料の約17倍)

 

現地の両替商の中でも、空港より街中での両替がとてもお得なレートで両替ができることが知られていますが、一番安いモールにある両替商ですら

5万円×2.76%=1380円 の手数料がかかり、海外キャッシングの約19倍もの費用がかかります。

※数値は2018年1月の実際にセブにあるSMモール内の両替商と比較

 

ただ、海外ATMを利用した場合はATM利用料がかかります。例えばフィリピンでは、デビットカードにしろ、海外キャッシングにしろお金を引き出す度にATM利用料が200ペソ(450円ほど)別途かかってくることには留意が必要です。

 

そのため実質の手数料は5万円の場合は

 

海外キャッシング (繰り上げ返済):ATM利用料450円+利息74円=524円

 

国際キャッシュカード(新生銀行):ATM利用料450円+手数料2000円=2450円

 

デビットカード(住信SBIネット銀行):ATM利用料450円+手数料1250円=1700円

 

街中のお得な両替: ATM利用料無し+手数料1380円 =1380円

 

 

まとめると

<5万円を換金する場合>

海外キャッシング(繰り上げ返済)>両替>デビットカード>国際キャッシュカード

ということがわかります。

 

 

17,000円以下の小額の引き出しであればATM利用料がない両替の方がお得になりますが、それ以上の額の引き出しになれば海外キャッシングが一番お得と言えます。

 

限定的にはなりますが、フィリピンへの短期の旅行者で現地で17,000円以下しか現金を使う予定がない方は両替をする方がお得です。

 

 

とはいえ、せっかくの旅行で観光するのであれば、いくら物価が安いフィリピンでも2万円以上は飲食や観光、お土産などに現金は使うので基本的にはクレジットカードでの海外キャッシングが一番お得なことがわかります。

 

また長期滞在の留学生などに至っては滞在期間分の費用を日本円を現金で持ち込み、その都度両替するのは現実的ではないので、ATMなどで日本円を現地通貨へ換金する手段を用意するのが一般的です。

 

海外からの繰り上げ返済の具体的な方法

電話での申込みから繰り上げ返済する

 

一部のカードを除いて、基本的に繰り上げ返済は、「電話でのお申込み」が基本です。

 

基本的な支払の流れとしては、

 

 

①各カード会社のコールセンターに電話する

②繰り上げ返済したい旨を伝え、振込額を教えてもらう

③指定の銀行に振り込む

 

 

「電話での申込み」と「銀行への振込」をすれば完了します。

 

海外キャッシングをしてから1週間前後で帰国される場合は帰国後に上記の方法で引き落とし日より早く繰り上げ返済することで、手数料をより抑えることが可能です。

 

お得な国際電話の方法

 

利息をできるだけ減らすために海外から電話して振込手続きを行う場合、もちろん国際電話をしなければなりません。

 

高額なイメージの国際電話ですが、IP電話を使うことで料金を大幅に節約することができます。

中でもおすすめなのが「SMARTalk」です。

 

初期費用・月額基本料0円なのが大きな魅力で、海外から日本へ発信する際も一律8円/30秒という驚きの安さです。

仮に窓口に通話してから10分間手続きに時間がかかってしまった場合も国際電話ながら160円の費用だけで通話可能です。

 

電話不要!ネットのみで繰り上げ返済

基本的には繰り上げ返済の手続きは電話での連絡がほとんどですが、ネットで手続きを完了させられるカードも一部ですが存在します。この場合当然ですが国際電話をする必要はなく、より簡単かつお得に繰り上げ返済が可能になります

 

各カードサイトのIDにログインした後で、キャッシングした分が計上されていることを確認し、Pay-easy(ペイジー)で支払う画面に遷移すれば、あとは登録している銀行に指定された金額を支払うだけです。

 

Pay-easy(ペイジー)とは公共料金のネット振込の際に使われるシステムで、お持ちのメガバンクなどの銀行のネットバンキングから無料でオンラインで入金することが可能です。

 

以上のように繰り上げ返済をネットで完結させることで国際電話は一切不要で、振込に関してもPay-easy(ペイジー)は振込手数料が無料なので、とにかくお得です。

 

それでは、このネットだけで繰り上げ返済を完了させられるカードをご紹介します。

 

海外キャッシングはセディナカード一択

セディナカードは海外キャッシングをした直後にネットのみで繰り上げ返済を完了できる唯一のカードです。他のカードと比較して、海外キャッシングにおける手数料を一番安くできるのでとてもおすすめです。

 

メリット

・カード年会費無料

・カード会社側の海外ATM手数料無料

・電話不要

・振込手数料不要

 

用意するもの

・Pay-easy(ペイジー)で利用可能なメガバンクなどのオンラインバンキング

・OMC Plus(セディナカードの会員サイト)にログインするID/パスワードとネット環境

 

 

手数料の比較

フィリピンで5万円をセディナカードでキャッシングした場合の手数料の合計を見てみましょう。

セディナカード(3日で繰り上げ返済):ATM利用料450円+利息74円 =524円

 

住信SBIデビット:ATM利用料450円+手数料1250円=1700円

街中のお得な両替:ATM利用料無し+手数料1380円=1380円

 

以上のようにやはりセディナカードでの海外キャッシングが現地通貨を換金する方法としてダントツでお得なことがわかります。

 

セディナカード繰り上げ返済の手順

 

海外キャッシング後から3~5日でWEB明細(OMC Plus)に反映されればすぐに手続きが可能になります。

 

 

①セディナカードのOMC Plusにログイン:

http://www.cedyna.co.jp/support/webenter.html

 

メニューの中の「ご入金受付」をクリック

 

③「入金受付サービスPay-easy(ペイジー)」が表示されるのでクリック

 

④キャッシングの欄の支払い残高を読み、一部入金の欄に支払額を入力し申込ボタンをクリック

 

⑤確認画面から申込ボタンを押し、使用する銀行を選択し申込ボタンをクリック

 

⑥ここからはお使いの銀行のネットバンキングのページに移動し、案内に従い支払い手続きをする。

 

 

以上で完了します。

 

一見複雑そうですが、実際にはとても簡単ですので、普段お使いのメガバンクの口座などのネットバンクだけ利用できるようにご準備いただければ問題ありません。

 

 

他にも繰り上げ返済が可能なセディナカードの種類

セディナカードクラシック

・セディナゴールドカード

セディナカードJiyu!da!

 

他のクレカとの違いは?楽天・エポスカードと比較

 

海外付帯保険が充実していて所持している人が多い楽天カードエポスカードですが、以下2点が海外キャッシングの繰り上げ返済では不利と言えます。

 

デメリット

・繰り上げ返済は電話でしか申し込めない

・オンラインではなく銀行振込のみ

 

この二点から基本的に帰国後に繰り上げ返済をする用途でのご使用に限られます。

そのため、セディナカードのように海外キャッシングをしてから3~5日のうちに繰り上げ返済をして手数料を抑えることができません。

 

海外キャッシングと繰り上げ返済でお得に海外生活を

いかがでしたでしょうか?

 

今回ご紹介したセディナカードは、年会費無料、繰り上げ返済がネット完結、振込手数料無料など、海外キャッシングをする上で一番お得なカードだと断言できます。

 

フィリピン留学をはじめ、長期で海外生活を控えている方は必ずセディナカードを用意しましょう。

 

一般的に海外生活で現地通貨を日本円から換金したい際には以下の順で手数料が安いということを覚えておきましょう。

改めてまとめると

 

海外キャッシング(繰り上げ返済)>レートの良い現地の両替商>海外キャッシング(繰り上げ返済なし)>デビットカード>国際キャッシュカード・プリペイドカード

 

という順になります。

月に数千円以上差が出る部分なので、少し複雑でもしっかりと準備をして海外生活をスタートさせましょう。

 

HANASERUでは留学エージェントとして学校選びに止まらず、こういった生活におけるアドバイスも無料のカウンセリングでサポートしています。

 

もしお困りな方はこちらから

LINEで気軽に相談する  無料で留学見積請求する