フィリピンWi-Fiレンタルは必要?SIMとの比較まとめ

フィリピン Wi-Fi

フィリピンに渡航される際にwifiレンタルを検討の方にwifiレンタルを含めてネット環境を準備する様々な方法をお伝えします。

 

フィリピンでは大きく分けて以下のようなネット利用の方法があります。

海外Wi-Fiをレンタルして利用する方法

・日本国内でレンタルする海外Wi-Fi

・公共のWi-Fi

レンタルWi-Fi以外でネット回線を確保する方法

・海外対応のSIMフリーポケットWi-Fi(ルーター)+現地SIM

・SIMフリースマホ+現地SIM

順を追ってご紹介していきます。

 

 

海外に慣れていてWi-Fiのレンタルよりとにかく安くネットを使いたい方は、

こちらの記事でフィリピンでのSIMの買い方についてまとめています。

 

 

 

 

 

wifiレンタルやその他のwifi利用方法や現地SIMを比較して、自分のフィリピン滞在に一番あった方法を選びましょう!

それでは解説していきます。

 

 

 

フィリピンに行く前にWi-Fiをレンタルしてスマホを使う


日本の空港で海外Wi-Fiをレンタルする

海外でネットを利用したい場合にまず思いつく、海外で使用可能なwifiのレンタル。

成田、羽田、関空など日本国内の多くの空港で取り扱いがあり、多数の業者が存在しています。

 

日本で海外wifiをレンタルするメリット・デメリットをまとめると

 

メリット

・出発前に日本語で手続きなので安心感がある

・到着後すぐにネットが使える

 

デメリット

・wifiルーターの充電が必要

・長期での利用を考えると費用がとても高い

・空港にフリーwifiは大抵あるので到着後すぐというメリットを弱い

 

デメリットが少し大きそうですが

とはいえ、やはり海外に慣れていない方だと安心できるサービスではあります。

ここでは旅行や短期留学でのフィリピンへの渡航におすすめの海外wifiレンタルサービスを安い順にまとめました。

 

グローバルwifiが海外wifiレンタル最安100円~

Wi-Fiの回線速度は何でも良いので、とにかく安く使いたい

そんな方におすすめなのはこちらのグローバルWiFiです。(2019年2月現在で1日あたりの費用が最安です。)

 

3G回線:1日100円(300MB)

4G/LTE回線:1日330円(600MB)

 

短期の1週間の留学であれば3G回線を利用して、例えば3G回線1日100円×7日=700円と格安で利用できます。

確かに安いのですが普段日本でが4G/LTEの高速回線を利用している人がほとんどでしょうから、やはりかなり遅く感じてしまうでしょう。

 

もちろんグローバルWi-Fiには4G/LTEのプランもあります。

4G/LTE回線:1日330円×30日=9900円

 

大容量プラン(600MB)であっても1日330円と非常に手の出しやすい価格帯となっているのが魅力です。

4G/LTE回線でも1万円弱と1ヶ月の留学でもギリギリ検討可能かと思います。

 

4G/LTE回線ならwi-hoが最安

Wi-Ho!は、累計300万人が利用しているテレコムスクエア社の海外wifiレンタルサービスです。

そこまで有名ではありませんが、その安さから人気が高いサービスの一つです。

 

4G/LTE回線:1日200円(300MB)

 

 

wi-hoは海外滞在中でも回線速度がサクサクな環境を求める!という方に特におすすめです。

2019年2月現在ですと、「wi-ho」の「4G/LTEの300MB/日」のプランが4G/LTEを利用可能な海外wifiレンタルサービスで最安です。

 

仮に1ヶ月の留学生活でも4G/LTE回線:1日200円×30日=6,000円で利用可能です。

先ほどのグローバルwifiの4G/LTE回線のプラント比較しても月々3,900円も安いです。

1日に使用可能な上限通信量が300MBとグローバルwifiと比べると300MBとすこし少ないですが、Youtubeをダラダラ観るなどしない限りは一般的な生活で問題ない容量です(せっかく海外にいるのですから現地を楽しみましょう)。

 

有名な「イモトのwifi」は割高

国内では、1番の知名度を誇るのがイモトのWi-Fiです。

筆者も他の手段を知る前は何度もお世話になったWi-Fiで、抜群の安心感があります。

 

・4G/LTE回線: 1日880円(500MB)

 

 

有名とはいえイモトのWi-Fiはグローバルwifiやwi-hoと比べてとても高額です(広告費でお金がかかっているのでしょうか)。

使うシーンとしては1週間などの旅行に限られてくると思います。

 

仮に7日間レンタルした場合は以下の費用になります。

4G/LTE回線: 1日880円×7日=6,160円

wi-hoの30日分の料金と変わりません。

 

海外Wi-Fiレンタルの手続きについて

基本的に「比較.com」などのサイトで値段やプランを吟味しながら、簡単に手続きを進めることができます。

 

①海外レンタルWi-Fiのブランド・プランを選ぶ

 

②必要に応じた補償を選択する

 

③メールアドレスにレンタル完了メールが届くので、詳細を確認

 

④郵送もしくは出発前に空港ターミナル内の所定の場所でルーターを受け取る

 

⑤帰国後、空港内の所定の場所でルーターを返却する

 

 

 

レンタルまでの手続きがすべて日本国内で完結するので、海外行くのが初めての方などは「海外Wi-Fiレンタル」の利用を検討してみるのも良いかと思います。

 

しかし長期留学の方など、1ヶ月以上に渡って国内業者の海外レンタルWi-Fiを利用し続けると多額の費用がかかるため、基本的にはあまりおすすめしません。

 

Wi-Fiをレンタルせずフィリピンでネットを使う方法

フィリピン現地のプリペイドSIMを利用する方法

長期でフィリピンに滞在する場合、レンタルの海外Wi-Fiもっとお得な方法があります。

 

それが、「SIMフリースマホ+現地のプリペイドSIM」の組み合わせです。

 

フィリピン渡航前

・自身のスマホがSIMフリーにできるものかどうかの確認

・スマホのSIMロックの解除(スマホのSIMフリー化)

 

フィリピン渡航後

・フィリピン現地(空港など)でのプリペイドSIM・ロード(チャージするためのプリペイド)の購入

・プリペイドSIMへのロード作業(チャージ)・初期設定(空港で一通りやってくれる場合もあり)

 

 

 

参考記事:【SIM解説】フィリピンでは週140円でスマホが使えます

 

以上の手続きが必要ですが、SIMフリースマホにプリペイドSIMを読み込んでネット利用することのメリットデメリットをまとめると

 

 

メリット

・1ヶ月2000円以下(8GB)、とにかく安い

・現地で電話やSMSも使えるようになる

デメリット

・SIMロックを解除できない場合に使用不可

・安いが料金プランやロード(チャージ)など設定が煩雑と感じる場合も

 

 

プロモ(通信プランのようなもの)は様々ありますがオーソドックスなもので1ヶ月899ペソで9GB(うち1GBは動画)の通信容量を使うことができるプランがあります。

先程までのWifiレンタルと比較して圧倒的に安いことがわかるかと思います。

 

さらに詳しくプロモ(料金プラン)を知りたい方はこちらから

 

海外対応のSIMフリーモバイルルーター+現地SIM

あまり知られていないのが、海外で使える「SIMフリーポケットWi-Fi(wifiルーター)」を自分で購入し、そこに前章のプリペイドSIMを読み込んで使用する方法です。

 

そもそも「SIMフリーポケットWi-Fi」とは、国内での利用用途としては最近話題の格安SIMをセットしてタブレットやPCをインターネットに接続するための小型端末(モバイルルーター、wifiルーター)です。

 

3大キャリアやUQ-wimaxのように契約会社に縛られることなく、格安SIMを自分で選択して、格安SIM各社から自由に契約プランを選択できるのです。

 

SIMフリーのポケットwifiであれば海外で利用できるものがほとんどなので(要確認)、先ほどのフィリピン現地の格安なプリペイドSIMが使用可能になります。

 

メリット

・スマホがSIMフリーでなくても、現地のプリペイドSIMが利用可能

・フィリピン以外の国に行く際も、今後は現地SIMを利用してネットを使うことができるようになる

デメリット

・モバイルルーターの端末代が8000~12000円ほどするので滞在期間が4週未満なら最安クラスの海外Wi-Fiレンタルサービスとトータルのコストはそこまで変わらない

 

おすすめの海外で利用可能なSIMフリーモバイルルーター

 

フィリピンを含む多くの国で利用可能なSIMフリーモバイルルーターでおすすめなのが以下の製品です。

ファーウェイ(HUAWEI) SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト E5577S-324

 

Amazonでの価格で現在8600円ほど、SIMフリーのルーターの中では最安クラスで、最長12時間使用可能なSIMフリーポケットWi-Fiです。

 

以下、ファーウェイ(HUAWEI) SIMフリーモバイルwi-fiルーター の特徴です。

 

・専用アプリをスマホやタブレット端末にインストールすることで、スマホから遠隔操作でコントロール可能。

 

・使用場所によって通信速度や電波強度を柔軟に選択・切り替えが可能

 

・SDカードデータシェア機能により、専用アプリをインストールした端末同士であれば、それぞれに保存されている写真を手軽に共有可能。

 

・別売りの専用ケーブルを使うことにより、モバイルバッテリーとして活用できる

 

SIMフリーのスマホは持たずに大手のキャリアの回線を使いながら継続的に海外への中長期滞在をする、という方は持っておくことで大抵の国で現地SIMを使えるようになり便利です。

 

番外編:フリーwifiで生活する

一切有料の通信手段を使わずに「公共のフリーWi-Fiでネットを利用する」という方法もあります。

 

フィリピンではモールや飲食店でのWi-Fiが充実しており、場所によっては十分な回線速度なwifiを利用することもできます。

また学校内でwifiを完備しているところがほとんどなのでそのwifiを利用すれば日本の友人や家族とLINEなどで連絡することはもちろん可能です。(学校wifiは基本遅いですが3D ACADEMYはwifiが隣のモールのマックでも使えるくらい速いのでおすすめです)

 

メリット

・一切お金がかからないこと、実際に店での飲食の代金以外かかりません。

・モールなどのwifiであれば店にも入る必要がありませんコスパ最強です(遅いですが)

 

デメリット

・野外でのネット利用は不可能なのでフィリピンのタクシーアプリ「grab」を使えない

・基本的にフリーwifiは回線速度が遅く、不安定

・基本的にオフラインになるので待ち合わせなど外出時に連絡をとりずらい 

 

 

海外において全くネットが使えない、ということにならないようにやはり最低限の準備はしておいたほうが良さそうです。

 

フィリピン留学でwifiレンタルするのは4週未満限定

以上のようにフィリピンではネット回線を利用する上でいくつか選択肢があり、用途や利用頻度によってベストな選択にかなりの個人差があります。

 

この記事のポイントとしては

 

海外Wi-Fiレンタルは、海外初心者かつ短期滞在者向け(4週間未満):月6,000~10,000円ほど

 

・留学など1ヶ月以上の長期滞在ならSIMフリースマホ+現地プリペイドSIM:月2000円以下(通話、SMS利用可)

・よく海外に行く人は今後も使えるSIMフリーモバイルルーター+現地プリペイドSIM:初期費用1万+月2000円以下

 

 

 

です。

 

海外Wi-Fiをなんとなくレンタルしてしまうと、1回のフィリピン滞在で通信費が1万円を軽く超えていきます。自身に合うネット利用の方法を知り、コスパよくフィリピンを楽しみましょう!

 

この記事を読んで1人では準備が大変だ、詳しく話を聞いてもらいたい!と思った方

「留学の準備の前に、そもそも留学したらどんな環境で学べるんだろう…」と気になった方

HANASERUでは、フィリピン留学に必要な諸手続きも合わせて、フィリピンへの留学経験豊富なあなたのフィリピン留学をサポートしていきます。

 

以下のLINE@から気軽にご相談ください。

LINEで相談してみる

資料請求・お見積もりはこちら

各学校の資料請求・お見積もりは、下記のリンクより各専用フォームをご利用下さい。

代理店手数料0円

学校へ直接申込むのと同じ費用で無料のサポートを受けることができます。お客様から一切の手数料を頂かないのでご安心ください。

最低価格保証

上乗せ費用など一切なく最低価格を保証。万が一他社より高い場合は気軽にお知らせせください。


お電話でのお問い合わせ

受付 : 平日(月~金) 10:00 〜 21:00

※電話番号を複数回タップすると、「このWEBサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」という表示が出ますが、Safariブラウザの仕様ですので問題ございません。


留学をもっと身近に

プロのカウンセラーが、あなたの留学に関する疑問・不安を完全無料で徹底的に解消します。

最高の海外留学をあなたに