【留学費用をクレカで】ペイパルの3分簡単登録マニュアル

Paypal(ペイパル)で留学費用を簡単クレカ払いに

近年、留学など様々なシーンで利用されるようになった「キャッシュレス決済」。「便利そうなのは分かるけど、登録がめんどくさそう…」「個人情報が漏れたりしないのかな…」など不安や疑問もあるかと思います。

 

今回ご紹介する世界最大級のシェアを誇る決済サービス「PayPal」では、クレジットカードやデビッドカードなどと連携させることで、PayPalを通してクレカを使ったキャッシュレスでの留学代金などの支払いが安全にできるようになります。現金での口座振込とは違って分割払いやリボ払いなども可能となります。

 

 

留学準備に限らず非常に手軽かつ便利に利用できるサービス「Paypal」の利点、登録方法について詳しく見ていきましょう。

 

PayPalとは?

米・PayPal社が提供する、クレジットカードやデビッドカード、もしくは銀行口座を登録するだけで「IDとパスワードのみ」でインターネット上でのお金の決済・送金ができるサービスです。

 

テックカンパニーとしては歴史も長く(1998年設立)現在ではもちろん日本語サイトでの案内もあります。

 

新規アカウント登録は無料。年会費などもかかりません。日本円での決済なら手数料も無料です。

 

 Paypalに登録する

 

 

Paypal(ペイパル)で留学費用を支払う利点

クレカ(分割払いOK)&銀行口座で支払い可

クレジットカードまたはデビットカード、銀行口座から支払いが可能となっています。これらの情報は複数登録できるので口座ごと、カードごとの使い分けや管理も簡単ですね。

 

現金での口座振込とは違って、クレジットカードでは、「分割払い」や「リボ払い」に対応することができます。留学の際は、授業代&宿泊費など、まとまったお金が必要になるタイミングがあります。「一括では厳しいけど、今申し込まないと部屋が埋まってしまう、、」そんな時にクレジットカード払いなら大抵の場合分割払いにできるので、申し込み時に留学費用が全額なくても、申込みを先延ばす必要はありません。

また海外からでも支払いが可能で、ドルなど各国の通貨種類関係なく決済が可能です。

 

 

もちろんクレカのポイントは加算

登録するクレジットカードで買い物をしたときはしっかり買い物時のポイントがカードに加算されます。留学での大きな費用に適用されるポイントは非常に魅力的ですね。

 

留学前に用意しておきたいクレカの詳細はこちら

 

 

手数料・年会手数料も無料

決済手数料は売り手が支払うので個人での支払いに手数料は一切かからないのも魅力的です。先方がPaypalのアカウントを持っていれば、海外からであっても送金は無料です。

 

Paypalを介して個人情報を保護

海外のサイトから購入する商品であれば取引するのは確かに不安ですが、クレカや口座の情報はPayPalに登録されます。振込先とお金のやりとりはPayPalを介して行われるので、個人情報が振込先に勝手に登録されることも知られることもありません

 

万一の時の「買い手保護制度」

商品が届いたけれども、届くと思っていたものと著しく中身が違う場合や、商品が届かなかった場合に条件を満たせば、購入金額がPayPal側で保護される仕組みです。

 

「ログインいらず」のかんたん決済

お支払い時に「ログイン状態を保持する」にチェックを入れておけば次回から「ログインなし」でスピーディーに決済ができる仕組みです。

 

     便利そうなのでPaypalに登録する

 

 

Paypal(ペイパル)の登録手順(3分で利用開始)

ここまでPaypalを使う利点について説明してきました。

 

PayPal情報追加

 

 

実際の図を用いながら「新規登録(アカウント作成)」「住所など個人情報の設定」「メールアドレス認証」について流れを追いながら説明していきます。

アカウント新規登録

まず、トップページをスクロールしていくとそこかしこに「新規登録をする」のボタンがあるのでクリックします。

 

PayPalアカウント種類選択

 

「パーソナルアカウント」かもしくは「ビジネスアカウント」での無料の新規登録を求められるので、いずれかをチェックして「続行」をクリック。留学に個人で行かれるこの記事をご覧の多くの方は「パーソナルアカウント」が当てはまるかと思います。

 

 

新規登録用の個人情報の入力を求められるので、「国」「姓名」「メールアドレス」「パスワード」指示通りに作成して次へ。

 

PayPal個人情報入力

 

 

次のページでは、「住所」と「電話番号」「生年月日」をそれぞれ入力します。図にあるように、「ワンタッチ」をチェックしておくことで、「ログイン状態を維持」しておくことができます。

 

無事アカウントが作成されました。

 

メールアドレス認証

 

アカウント作成と同時に、登録したメールアドレスに認証メールが送られているので、別のタブを開くなどして確認しましょう。

届いたメールから「メールアドレス確認」ができれば、本登録が完了します。

 

 Paypalに登録する

 

 

 

以下では、「買い物に利用する」上での「クレジット/デビッドカード・銀行口座の設定」と「支払いに利用する」上での振込先の登録方法について簡単に説明します。

 

支払い方法の追加

先述したように、「クレジット/デビッドカード」で支払う方法と「銀行口座」」で支払う方法があります。

「クレジットカードの登録」は、非常にシンプルです。

 

買い物に利用するために、先程の画面に引き続いて「今すぐ利用する」をクリック(一度ログアウトしたあとでも、ログインしてから登録画面に遷移できます)。

 

PayPalカード口座登録

 

次の画面で「カードの情報」を一通り入力して登録完了です。

 

これでPayPalのアカウントに、クレジットカードの情報が紐付きました。

 

次に銀行口座の登録です。こちらは単純に「サービスの支払」だけでなく、先方からの「振込」や振り込まれたお金の「引き出し」を可能にします(銀行の口座なので当然ですが)。

 

PayPal登録可能なカード・口座

 

 

銀行口座からでも「支払い」は可能です。しかし取扱のための「口座振替設定」は以上の6行(みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行)のみとなっているのでご注意下さい。

 

先程の画面の続きか、もしくはログイン後のマイページから銀行口座の登録画面に遷移し登録を行います。

 

ペイパルはあくまで決済サービスではありますが、オンライン銀行口座のようなシステム要素もあり、ユーザーはアカウント(口座)にお金を保持したり、引き出したりできるようになっています。アカウントへの入金=振込みにはクレジットカードを使用し、出金=引き出しは銀行口座へ、という形となります。

Paypal(ペイパル)で留学を身近に

Paypalは今や全世界で2億5000万人の利用者を誇る巨大な決済プラットフォームとなっています。アカウントを登録しておけば、留学中でもスムーズにかつ安全にお金のやりとりをすることができます。

 

特に留学にかかるあらゆる費用をクレジットカードまたはデビットカードで支払えるメリットはやはり大きいです。留学に限らずまとまったお金が必要になるタイミングなど、PayPalを介して簡単に支払いができるようになります。

 

留学前にまずはPayPalアカウントを作り、より快適な留学ライフを送る準備を進めていきましょう。

 

            Paypalに登録する

 

 

HANASERUカスタマーサポートでは、お見積りの他にも留学前の準備や留学中の過ごし方について、カウンセラーが幅広くご相談を承っています。

 

また、HANASERUでは今回紹介したPaypalを利用したカード決済に対応しておりますので、「Paypalの登録方法について不安がある…」「使い方がいまいちわからない」といった方も以下のLINE@から気兼ねなくご連絡下さい。

カウンセラーに相談するLINEで気軽に相談する