【SIM解説】フィリピンでは週140円でスマホが使えます

フィリピンSIM

フィリピンに行ったとき、どうやってネット環境を整えるか、悩みどころですよね。

 

留学などでの滞在となると、スマホも快適に利用できるようにしておきたいところです。

 

よく知られているのは、国内の空港でレンタルするグローバルWi-Fiですが、

 

フィリピンに留学する際は、現地のプリペイドSIMカードが圧倒的に便利です。

 

 

最大の利点は、とにかくコスパがいいことです。

 

特に長期滞在となるとグルーバルwifiですと月数万円もしてしまうのに対して、プリペイドSIMであればプランにもよりますが月2000円以内には確実におさまり、電話やSMSも使えるようになります。

 

本記事では、

 

「プリペイドSIMがオトクな理由」

「フィリピンのプリペイドSIMをいつどこで買うのが良いか」

 

について解説していきます。

 

 

本記事を読めば、フィリピンでSIMをバッチリ使いこなせるようになります。

 

 

では早速見ていきましょう!

 

フィリピンではプリペイドSIMを利用すべし

そもそもプリペイドSIMってなに?

プリペイドSIMとは、文字通り「プリ(前)」+「ペイド(払う)」なので先に使いたい通信量の使用料を払いその分だけ通信などができる方式の事を言います。

 

日本では携帯の契約というと月額~円と決めて契約し使用しますが、このプリペイドですと自分の使いたい量だけ購入しスマホを使うことができます。

 

SIMフリーのスマホを持っていれば、SIMパッケージを購入したらすぐに使うことができること、そして面倒な手続きや解約手続きがないというところが大きなメリットです。

 

購入した分の通信できるデータ量を使い果たしたり、使用期間をすぎるともちろん使えなくなるのでそこは注意が必要です。

 

日本の3大キャリアで購入したスマホには大抵、「SIMロック」がかかっており、「SIMフリー」ではないです。

なので、まずは以下の記事からご自身のスマホが「SIMフリー」かどうか確認しましょう。

 

フィリピンでスマホを使うための「SIMフリー化」攻略法

 

フィリピンで有名なプリペイドSIM

フィリピンでプリペイドSIMカードを取り扱っている有名な通信会社は、

「Globe」と「Smart」の2社です。日本でいうdocomo、au、softbankのような信頼とシェアがある会社です。

 

 

Smart(スマート)はフィリピンでNo.1のシェアを誇る通信会社です。街中にある看板には、Smartのロゴが数多く見られます。

 

Globeはフィリピンで2番目のシェアを占めている通信会社です。

現地の人によるとGlobeの方がSmartよりもネット速度が安定しているとのことです。

 

が、Globeの場合1日分のデータ使用量を消費してしまうと一切ネットが使えなくなってしまいます。

 

この点、低速になるだけのSmartは、データを使い切ったとしてもメッセンジャーなどの軽いネット回線を使用することができます。

 

フィリピンでSIMを使うのがお得な理由

長期間ほど割安なフィリピンのSIM

フィリピンのプリペイドSIMカードは、最も高いプランでも1ヶ月999ペソ(約2000円)で8GB使うことができます。最安のプランで週70ペソ(140円ほど)で1GB使用できるプランがあります。

 

1週間以内の短期間の旅行であれば、プリペイドSIMを使わなくてもフリーWi-Fiで乗り切れるケースもありますが

 

留学などの中長期の滞在となるとそうはいきません。

 

フリーWi-Fiが使える環境にずっといれるわけではないですし、日本でお使いのキャリアでの海外専用プランも割高です(プランに入らなければ国際データローミングで料金が跳ね上がる)。

 

プリペイドSIMは他のどの方法よりも圧倒的に安く、電話/SMS/ネットを日本での生活のように使えるのでとても便利です。

 

プリペイドSIMとグローバルWi-Fiの比較

もちろん旅行時と同じように日本の空港でグローバルwifiをレンタルしても良いです。

 

しかしレンタルだと1週間でもざらに2500~5000円くらいの料金になります。

 

1ヶ月になると最安(1日300MB)のプランでも9000円ほどかかってきます。

 

Wi-Fiレンタルの強みは、金銭面に目をつぶれば、SIMフリースマホを準備することなく、誰でも簡単に日本国内で確実に手続きができることにあります。

 

1週間前後くらいの渡航であれば、金銭面の心配はそれほど必要ないでしょう。

これらの会社が有名なので安心です。

 

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi

 

フィリピンの現地SIMを利用しネットを使用する

プリペイドSIMは空港で買うのがおすすめ

 

現地のSIMは、空港でもモールでも簡単に購入することができます。

 

ただ、空港ではロード(プリペイドでSIMに料金をチャージするカードのこと)を購入することで、フィリピンでのSIM本体は無料で貰えます

 

また、購入したロードをSIMカードにロードし(購入したロードをチャージする事をロードすると言います)初期設定を全てしてもらえるので手続きも非常に簡単なのです。

 

空港のSIM販売のスタッフにスマホの初期設定をやってもらう際は語を英語に設定しておきましょう。

 

基本的に現地の通信会社のSMARTかGLOBEが空港でブースを出しており、英語がどれだけ不得意でも、自分が「滞在する期間」、「必要なネット環境(ネットだけorネットと通話両方)」を伝えれば良いプランを選んでくれます。

 

フィリピンで現地SIMを受け取る流れ

空港で現地SIMをもらう(無料)ステップとしては

 

 

①空港を降りた出口にある通信会社(GlobeかSmart)のブースを見つける

マニラもセブ島の空港も到着出口出てすぐにありますのでご安心ください。

 

②SMART社かGLOBE社の好きな方の店員さんに滞在期間を伝えて、ネットだけか通話もできるようにするか伝える。

よくわからなければとりあえずGLOBEで1ヶ月999ペソ(約2200円)で8GB+1GB動画の通信容量が使えるプランの「GOSAKT999」と言えば問題ないです。

 

③使用したいプランの料金を支払い、自分のスマホを店員さんに渡し設定してもらう

GOSAKT999の場合は999ペソの支払いですが、クレジットカードも使えます。

またスマホの言語設定を英語にして渡しましょう。

 

といった具合です。

 

また、SIMを買う時は必ず、日にちと容量と金額などプランについての紙が渡されるので保管しておきましょう。

 

フィリピンで有名な現地SIMのキャリア

 

どちらの会社の、どのプランすればいいか詳しく知りたい場合はまずはこちらをご覧ください。

参照: Globe・Smartのお得なプロモまとめ【SIM解説】

 

 

フィリピンの現地SIM①:Globe

 

特徴まとめ

 

・ネット速度:LTE/3G速度においてSmartと比べて、全体的に安定している

・料金プラン:1日、3日、5日、30日の期間別、料金プランの種類はシンプルで選びやすい

・価格帯:10〜2499ペソ、データ量15GB・無制限のプランがある

・コスパ:Smartと比べると価格は少し高めだが、データ通信量のサービスが良い

・容量不足時:使用できない

 

 

 

「Globe」では、「GOSAKT」「GOSURF」と呼ばれるプロモが現在主流となっています。

 

GOSAKTでは10~2499ペソ、通信容量は、合計40MB~15GB・無制限と実に幅広くプランが用意されています。

 

その中の「GOSAKT999」のプランは30日で999ペソ、合計データ容量は8GB+動画(youtubeなど)1GBで中期に渡って留学などでフィリピンに滞在する方にはとりあえずおすすめです。

 

ですが、先述したように、Globeの場合1日分の通信データ使用量を消費してしまうと一切ネットが使えなくなってしまいますのでそこは注意が必要です。

 

フィリピンの現地SIM②:Smart

 

特徴まとめ

 

・ネット速度:LTE/3G速度において地域によってばらつきあり、不安定になることも

・料金プラン:1日、3日、7日、30日の期間別、料金プランの種類が充実している

・価格帯:10〜999ペソ、利用用途に合わせて自由にカスタマイズしやすい

・コスパ:Globeと比べると価格は少し安めで、テキストや無料通話のサービスが良い

・容量不足時:低速になる

 

 

Smartについては、定額プランのGIGASURFとAllOutSurfがおすすめです。

 

GIGASURF99は、1周間2GBで99ペソ(約200円)です。

 

特徴は現地の動画視聴データ量(YouTube, iFlix, iWant TV, NBA League Pass, Cignal TV)が別途1GBついているところにあります。

 

AllOutSurFはテキスト&通話&通信容量がお得になる万能のプロモです。

 

AllOutSurf99は、1週間99ペソで、通信容量こそ1GBですが、テキスト無制限、Smart/Sun(フィリピンのSIM提供会社)など100分間無料通話が可能、Facebook無制限とSNSの利用も便利なオールマイティーなプランとなっています。

 

SIMの種類は統一しておく

 

プリペイドカードにもいくつか種類があるのは前述のとおりです。

 

Globe・Smartのいずれか統一させ、きちんとプロモ別でプリペイドカードを購入しましょう。

 

GlobeのSIMカードなのにSmartのロードカードを買ってしまったということのないように気をつけてください。

(空港でセットでやってもらうならまずありえませんが)

 

フィリピン長期滞在では追加のロード必須

 

短期滞在なら、最初に空港でプリペイドSIMカードにロードカードからロード(チャージの意)してもらえればそれで終わりですが、30日以上の長期滞在ならば通信容量のプランを更新する必要があります。

 

つまり、自分でプリペイドSIMカードにロードするという作業が必要になってきます。

 

注:GlobeやSmartのお店でスタッフがロードしてくれるお店はありますが、混雑していることがあります

 

フィリピンのプリペイドSIMなら週140円~

 

フィリピンでは、SIMロック解除された(SIMフリーの)スマホを持っていき、現地のプリペイドSIMでネットを利用できるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

・フィリピンでプリペイドSIMを購入する流れ

 

①空港を降りた出口にある通信会社(GlobeかSmart)のブースを見つける

②SMART社かGLOBE社の好きな方の店員さんに滞在期間を伝えて、ネットだけか通話もできるようにするか伝える。

③使用したいプランの料金を支払い、自分のスマホを店員さんに渡し設定してもらう

 

・現地のプリペイドSIMは基本的にGlobeかSmartでOK

→よくわからなければとりあえずGLOBEで1ヶ月999ペソ(2000円)で8GBネットが使えるプランの「GOSURF999」にしておく

 

 

まずは、事前準備の際に自分が滞在期間中にどれくらいの容量を使うのかをある程度把握しておくと良いです。

 

詳しいプランまでこだわりたい場合はこちらをご覧ください。

Globe・Smartのお得なプロモまとめ【SIM解説】

 

 

HANASERUカスタマーサポートでは、現地のおすすめのネット環境など、国内でしておくべき準備や現地での流れについて、フィリピン留学に行く方を全面的にサポートしてまいります。

 

フィリピン留学についての質問や事前準備、不安事項などございましたら、以下のボタンより気兼ねなくご連絡ください。

 

 

LINEで気軽に相談する  無料でカウンセラーに相談する

資料請求・お見積もりはこちら

各学校の資料請求・お見積もりは、下記のリンクより各専用フォームをご利用下さい。

代理店手数料0円

学校へ直接申込むのと同じ費用で無料のサポートを受けることができます。お客様から一切の手数料を頂かないのでご安心ください。

最低価格保証

上乗せ費用など一切なく最低価格を保証。万が一他社より高い場合は気軽にお知らせせください。


お電話でのお問い合わせ

受付 : 平日(月~金) 10:00 〜 21:00

※電話番号を複数回タップすると、「このWEBサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」という表示が出ますが、Safariブラウザの仕様ですので問題ございません。


留学をもっと身近に

プロのカウンセラーが、あなたの留学に関する疑問・不安を完全無料で徹底的に解消します。

最高の海外留学をあなたに