フィリピンでスマホ使うために「SIMフリー化」攻略法

フィリピンにsimフリースマホ

フィリピン留学が決まってから、直前で間に合いそうだからとなんとなく後回しにしがちなのが、フィリピンでスマホを利用するための準備です。

 

短期の旅行や1~2週間の短期留学であればポケットwifiのレンタルでも良いのですが留学のような長期間の滞在ですと、それだけで月2~3万円のコストとなります。

 

「できれば安く済ませたいけど国内の空港でグローバルWi-Fiをi借りる以外にあるのかな」

 

と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

フィリピンに長期で行く方は現地のSIMを使ってスマホを利用しましょう!

 

本記事では

 

「フィリピンでの現地SIMカード入手方法」

「SIMフリースマホかどうか確認する流れ」

「SIMロック解除の方法」

 

を軸に現地フィリピンでSIMを使い、快適に留学生活を送るための流れを解説していきます。

 

「SIMロック解除」など一見複雑そうですが、必要な手順を踏めば、フィリピンSIMを現地で利用するのは簡単です。

 

では早速見ていきましょう。

 

フィリピン留学なら現地SIMでスマホを使おう

フィリピンSIMは長期滞在で使える

中長期でのフィリピン留学や旅行において、最もフィリピンの現地SIMを利用することです。

 

最大の利点は、週90ペソ(約200円)前後というお手頃価格でネットや電話を利用することができるところです。

 

基本的にスマホを1台持ちの方はわざわざポケットWi-Fiに繋ぐよりも、SIMカードを挿した方がポケットWi-Fiの充電を気にする必要も無く、荷物もかさばりません。つまり大抵の方は現地SIMを利用すべきです。

 

 

「長期間フィリピンに滞在する!」

「どこでもネットをつないで連絡を取りたい、、、」

「フィリピンでどうしても電話番号が必要」

 

という方は必須ですね。

 

どうやってフィリピンでSIMを購入するか

現地SIMは空港でもモールでも簡単に購入することができます。

 

フィリピンでは、SIMにロードするためのプリペイドを購入し、それをSIMにロードする手続きが必要です。

 

空港では、SIMカード本体は無料で貰え、ロードをSIMにチャージするセッティングまで全てしてもらえるのでとても簡単です。

 

 

空港でSIMカードをもらう(無料)ステップとしては

 

①空港を降りた出口にある通信会社(GlobeかSmart)のブースを見つける

 

②SMART社かGLOBE社、いずれかの店員さんに、(1)滞在期間(2)ネットだけorネットに通話もできるようにするかを伝える。

 

③使用したいプランの料金を支払い、自分のスマホを店員さんに渡し設定してもらう

 

 

といった具合ですが、詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

 

他にもサービスはありますが、基本的に現地の通信会社のSMART社かGLOBE社が空港でブースを出しています。

 

 

英語がどれだけ拙くても、自分の滞在する期間と通話とネットどっちもか、ネットだけでいいのかを伝えれば良いプランを選んでくれます。

詳しい購入方法などは以下の記事参照

 

ちなみにGLOBEであればもっとお得なプランもございますので詳しくはお得なSIMのプロモ記事を確認ください。

 

Wi-Fiレンタルはフィリピン長期滞在には不向き

旅行時と同じように日本の空港でグローバルwifiをレンタルしても問題はありません。

 

しかしWi-Fiレンタルだと、1週間でもプランによっては2000~5000円は覚悟しなければなりません。

 

Wi-Fiレンタルの強みは、料金ではなく、SIMロックの解除などのSIMフリースマホを準備することなく、誰でも簡単に日本国内で確実に手続きを済ませることができるというところにあります。

 

したがって1週間前後くらいの渡航であれば、金銭面の心配はそれほど必要ないでしょう。

 

日本では、以下の会社が有名なので安心です。

 

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi

 

詳しくは別記事で

 

フィリピンのSIMを使えるスマホ

 

ここからは、ご自身のスマホがフィリピンでGlobeやSmartのSIMを使える「SIMフリースマホ」なのか確認していきましょう。

 

そもそもSIMフリースマホとは

「SIMフリースマホ」とはキャリア(docomo,au,softbank)に縛られることなく、どこの通信会社のSIMでも使用可能なスマホのことです。

 

 

大手キャリアと契約しスマホを購入した場合はその会社で売っているスマホに「SIMロック」をかけて販売しています。

 

 

「SIMロック」がかかっていることで非常に面倒なのが、そのままでは他社のSIMを利用できず、必ず「SIMロック」を解除しなければならないことです。

 

iphoneのSIMロックについて

 

利用している方がとても多いiPhoneですが、大前提として、

SIMロックを解除できるのは、2015年5月以降に発売された機種で、かつSIMロック解除に対応しているモデルに限られます。

 

iPhone6s以降のほぼすべてのモデルはSIMロック解除可能です。

 

AndroidのSIMロック

 

基本的に2015年5月以降のに発売されたモデルはロック解除可能など、iPhoneと変わらない規約になっています。

(機種の記載は割愛いたします)

 

以上のことから2015年以降発売のスマホであれば、キャリアごとに解除手続きを調べていくのが良いでしょう。

 

フィリピンで使うスマホのSIMロック解除の方法

キャリアの店舗ではなくネットで解除しよう

SIMロック解除の手続きは基本的に自分でキャリアのWebページから手続きしましょう。

3大キャリアでは、わざわざ店頭まで、スマホを持っていくと手数料として3000円を持っているかれるからです。

 

ロックの解除の手続自体はとてもシンプルです。

 

 

①対応機種であるかどうかを調べる

 

②IMEI番号を調べる

 

iPhoneのIMEI番号は、設定>一般>情報

ANDROIDの場合は、設定>端末情報>端末

 

③SIMロック解除のページを開く

 

④解除手続きをする

 

 

基本的にこの流れで進めていきます。

 

 

設定方法の詳細は各社HPをご参照ください。

 

ドコモのSIMロック解除の手続き

 

auのSIMロック解除の手続き

 

softbankのSIMロック解除の手続き

 

 

キャリアのWebページで対応機種であることを調べましょう。

 

スマホのブラウザでも問題ありませんが、パソコンでなら画面で説明を見ながら操作が可能になります。

 

 

以上になります。

 

 

なお、docomoでは電話での解除にも手数料が発生します。

 

できる限り、Webページからの手続きを進めていきましょう。

 

SIMロック解除できない期間も

注意したいのは、長期利用を条件として購入時の端末価格を大幅に割り引くサービス。

 

ドコモなら「端末購入サポート」、auの「au購入サポート」、ソフトバンクやワイモバイルの「一括購入割引」を利用していると、一括購入でも即日のSIMロック解除はできません

 

それぞれ、101日目から解除できるようになります。

 

 

他にも、SIMロック解除するにあたって「キャリアとの契約で購入履歴が確認できる機種のみが対応」という条件や、「故障している場合は修理が完了していること」などの条件があります。

 

解除できない場合はSIMフリーのスマホを購入

上記の規約に触れてしまいどうしてもSIMロック解除できない場合は、「SIMフリースマホを買う」という選択肢も検討しましょう。

 

SIMフリーで買えるオススメ端末は「Huawei P20 lite」です。

 

価格(2万円少々で購入できる)に対して機能やパフォーマンスが高いスマホと言えます。

 

HUAWEI P20 liteのスペック(性能)は以下の通りです。

・カメラ画素(背面):約1600万画素+約200万画素

・RAM :4GB

・ROM :UQモバイル・Y!mobile・SIMフリーモデルで32GB・SIMフリーモデルは32GB

・SIMカード :nanoSIM×2

 

容量が若干少なめのため、人よっては足りなくなるかもしれませんが、iphoneと違いSDカードを使用できるので、容量不足は必要に応じて解決できます。

 

HUAWEI p20 liteは、Android端末として非常に優秀です。

SIMロックが解除できない場合には海外滞在用として、購入を考えてみてはいかがでしょうか。していくのも一つだと言えます。 

 

(詳しくは別記事)

 

フィリピン街中のフリーwifiを使おう

どうしてもSIMフリースマホを用意できない、もしくはとにかく予算を抑えたい方は街中のフリーwifiを使うという手もあります。

 

セブのマクタン空港やマニラの空港内やショッピングモールには、公衆のWi-Fiが飛んでいるところが多いです。

 

(詳しくは別記事)

 

しかし、もちろんWi-Fiの強さはあまり期待できませんし、移動中に外で使うことは望めません。

 

外出時に配車アプリのgrabが使えないなんて…という事が起こりえるので、やはり何かしらの方法で自分でネット環境を賄えるようにしておくのが良いかと思います。

 

grabの記事

 

まとめ:SIMフリースマホを用意してフィリピンへ

フィリピンに長期で行く方は、現地のプリペイドSIMを使ってスマホを海外でも利用しましょう。

 

そのためにまずは日本でSIMフリースマホを用意しましょう。

 

手順は簡単です。

 

・SIMフリースマホかどうか確認

・SIMフリーではない場合はSIMロック解除

・解除できない場合は格安SIMフリースマホを購入する

 

 

HANASERUカスタマーサポートでは、現地でのネット環境などこういった国内でしておくべき準備や現地での流れについて、フィリピン留学に行かれる皆さまを全面的にサポートしてまいります。

 

見積もりのご相談に限らずフィリピン留学についての質問や事前準備、不安事項などございましたら、以下のボタンより気兼ねなくご連絡ください。

LINEで気軽に相談する  無料で留学見積請求する